不登校

不登校改善の事例
プライバシー保護のため、ご家族が書かれた記事の内容を一部修正しています。
 
薬も拒否、テレビとゲームだけの日々

(暗中模索の旅)
「広汎性発達障害」その後「自閉症スペクトラム障害」の診断を受けるようになった孫娘との暗中模索の旅が始まったのは、彼女が保育園の年長児の頃からだった。
孫娘の運動会では、以前住んでいた他県から応援に駆け付けたものだった。その時の小学校の運動会で、孫娘も“来年度の1年生”として母親に連れられて入場門に集合したが、泣きだしたので保育士や園長がなだめ、母親が抱いたがとうとう参加することはしなかった。
次の日曜日は保育園最後の運動会。年長児のダンスの順番が近づくと泣き出し、参加を拒んだ。小学校に入学してからは登校をいやがり、1年生の運動会でも大泣きしていた。
A県のB市で孫娘と暮らすようになったときは、小学2年生になっていた。暴言や癇癪も多くなり、近くにある精神科クリニックの診察を受け「広汎性発達障害」の診断を受けた。
睡眠障害もあるということで、漢方薬を処方されたが、においがイヤだと受け付けないので、様々な工夫を凝らしたり、薬の製造元にも相談したが、二度と漢方薬は飲まなかった。
私が同居するようになった頃、遺糞症(便失禁)を発症し、それに気づかず下着に排便することが増えていた。
登校時は泣き叫び、抵抗する孫を力づくで連れていくことが増え、そのうち車に押し込んで学校まで行き、先生に引き渡すことがほとんどだった。それも難しくなると男女2人の教員に来宅してもらい連れて行ってもらうようになった。小学校のプールも拒否。体育館での行事も嫌がり、逃げていなくなったりしていた。校外宿泊の行事も無理やり観光バスに押し込んだ。
小学校3年生の頃、大学病院の消化器科と小児神経科に通院するようになった。この頃、通級指導教室にも通うようになった。

(不登校になった)
孫の気持ちも考えずに続けた無理矢理登校も、終わりを迎える日がきた。6年生の5月末に修学旅行に行きたくないという気持ちが嵩じて発熱、口の中がただれる奇妙な病気にかかった。不参加となり、それ以降は不登校となった。
家族も強制登校はやめた。大学病院の主治医も、無理矢理登校はやめるように校長あてに手紙を書いてくれた。
その頃、小学校の管理職、担任、通級指導教室担任、スクールソーシャルワーカーなどと家族の話し合いが行われた。その席で服薬の話が出て、その後の通院時に処方してもらった「気持ちが落ち着き、前向きになる効能があるという「エビリファイ」を服薬するようになった。
たしかに、気持ちが以前より穏やかになっていった気がした。通級指導教室の担任には心を許しており、不登校になった後も担任の空き時間に週に何回か勉強を見てもらっていたので、なんとか卒業式には出ることができた。
中学進学時には、気持ちが少し切り替わり特別支援学級に通学し始めた。しかし、夏休み前から学校を時々休むようになり、夏休みに入ると「もう学校へは行かないと決めたから、勉強ももうしない」宣言をし、教科書・ノート類すべてをゴミに出したので、私が戻して隠した。薬も拒否しはじめ、テレビとゲームだけの日々になっていった。
急きょ大学病院の予約をとり受診した。その翌日から「エビリファイ」も便秘の薬も一切飲まなくなってしまった。その後、別の精神科の病院に行ったが、先生の診察前に逃亡してしまった。
この頃から、好きな時間に好きなものを作って食べたり、入浴を拒否するようになった。二学期からはほとんど不登校になり、2週間も入浴しないのが当たり前となった。リビングのソファーに寝そべり、テレビのリモコンを独り占め、小学生の妹や保育園児の弟が登園する時にもまだ寝ている。注意すると暴言や暴力をはたらく。兄とはデスマッチ的なバトルをやらかす。妹や弟には、陰湿ないじめをするようになる。
行き詰った私は、母親の代わりに大学病院の主治医と友人に相談した。2人から同一人物の話を聞き、お世話になり始めたのが、忘れもしない昨年の11月3日だった。

やっと登校を始める
 
(大声で怒鳴る)
その人とは、C市に住む行動療法士のNさんだった。我が家にとっては高額であったが、母親は決断した。
11月3日午後1時30分にNさんが来宅した。孫娘(以後、Kと呼ぶ)には、「来客がある。」とだけ伝えたが、何かを察して自分の部屋に入ったきりになった。
母親が促して、玄関でNさんに会わせた。Kはすぐに自分の部屋へ逃げようとした。しかし、Nさんの屈強な腕がKを掴まえて離さなかった。その瞬間、Kは大声で怒鳴った。「なんで、こんなん連れてきた!」
その日、兄は部活で不在だった。妹と弟は在宅していた。Kは泣きわめき、NさんとKの言葉のやりとりが激しくなってきたので、その場は母に任せ、私は幼い2人の孫を別室に連れて行き遊ばせていた。
しかしKの泣き叫ぶ声に5歳の弟は、「お姉ちゃんをいじめちゃダメ」と数回Nさんに向かっていこうとした。切れ切れに聞こえてきたNさんの言葉の一つに「あなたを助けに来たんだよ」があった。
プロフェッショナルのNさんは、あるときは強く、あるときはやさしくKの魂に直に届く言霊(ことだま)を発していたようだった。やがてKもNさんへの非礼を詫びたようだ。その日、Kが最初にしたことが1か月ぶりの入浴だった。
Kが入浴をしぶるため、母親も浴室に入った。浴室でKは泣きながら、便失禁が再発してしまっていることを母親に告げた。どうして、母親も私もそのことを見抜けなかったのだろうか?以前は、排便の有無と排便回数をトイレのカレンダーに記し付けをしていた。
しかし、7月14日から服薬をやめていただけでなく、排便についても何一つ報告しなくなっていた。洗濯に出されるパンツも汚れていなかったが、それは生理ナプキンを便失禁のオムツのように利用して母親や私の目を逃れていたようだ。
せっかく週3回以上の普通排便まで回復していたのに、4カ月近くも薬を飲まなかったことで遺糞症が再発したようだ。
入浴後、Nさんは入浴できたKを褒めた。そして母を交えた3者でテーブルを囲み、簡単な約束を紙に書いた。それは、毎日実行する5項目だった。
①     6時30分に起きること 
②     服薬すること 
③     入浴すること 
④     勉強すること 
⑤     家の手伝いをすること というものだった。
この5項目を守れたかどうかを毎晩就寝前にNさんに報告することも約束となった。また大学病院への通院再開も約束した。
 
(生きづらさ)
午後3時30分、Nさんが帰られた。夜の入浴時間になったとき、Kは今までのように入浴拒否をした。私は陽気に「昼間1回入ったから、いいんじゃない」と言ってしまった。しかし、母親は今晩からの約束だからとKを促した。ところがKは家を飛び出した。夜の10時近かったし、探しても見つからないので母親はNさんに報告のため電話した。
私は就寝していた。Nさんはその電話を受けて、Nさんの自宅から1時間近くかかる我が家まで車で駆けつけてくれた。Nさんは母親に「入浴拒否は想定内です。一度で上手くいくお子さんはいませんから。私たち大人が“譲らない姿勢”を見せることが大事です。これは、強制ではなく、ルールを守れる大人になるために大事な活動です」と言った。Kは、祖父の家に逃げていた。Nさんと母親が祖父を説得した。この“譲らない姿勢”計画に納得した祖父は、Kを家から出した。Kは、祖父の家の玄関ドアをドンドン叩き、「入れて、開けて」と叫んだ。集合住宅では近所迷惑になる。今は深夜1時。動揺する母親にNさんは「夜中にドアを叩くのも、想定内です。近所迷惑は我々で明日詫びましょう。警察に通報され、パトカーが来る経験もした方がいいですよ。」とKに聞こえるように言い放った。「警察、パトカー」と聞いてKは我に返ったようで、泣きながら自宅に戻ってきた。
深夜1時30分。NさんはKに、淡々とした口調で入浴を促した。入浴後、Nさんは再び紙に約束を書いた。
①     夜中に騒いだことを家族にあやまること 
②     起床は6時30分 
③     起きたらすぐにNに電話すること 
④     約束を守れなかったら、再び自宅にくる 
「そのときは、あなたを激しく厳しく叱ります。」
翌朝からKは、毎日定時に起き服薬し、家の手伝い、入浴、自宅学習を再開した。以上の約束は今も守られている。
数日後、Nさんとわが家族、そして中学校の管理職と面談し、学校内の空き室の一部をKの一人用教室に改造させてもらった。Nさんは、“ほかの生徒や苦手な教師に会わないですむ環境”と“時間割”、今の学習能力の評価したうえで、“適切な学習教材”を作ってくれた。
フルタイムではないがキーパーソンとなる教師を決めて、11月21日から登校を再開し、現在に至っている。Kは登校をしぶったりしたこともあったが、家族の“譲らない姿勢”とNさんのアドバイスを受けながら乗り越えつつある。
その後Kは、時々ふてくされたり、投げやりな態度をとることもあるが、以前なら注意すると態度が悪化することが分かっていたから、注意することも断念していたけど、今は母親も私もシッカリ注意できるようになった。Kもその注意を受け入れるようになった。
大人一人の運転で孫たちと遠出するなどすると、ちょっとしたことでKの機嫌が悪くなり、車を停めたり、強制席替えをしたり、長兄だけ歩いて帰ってもらったりしたこともあったが、今はそういうアクシデントもなくなった。
また、労を惜しまず役に立とうと一生懸命手伝ってくれた時など本当にかわいらしく、大人たちは心から礼を言う。妹や弟にもやさしくなり、宿題をみてやったり、仲良く遊べるようになった。Nさんのことは、はじめは怖かったが、今は優しい人だと思っている、と言っている。こんなふうにKは、素直でかわいい13歳の娘に成長してきている。
「自閉症スペクトラム」の告知も12月にされた。便秘治療の予約もとれた。KのためのライングループをNさんと家族で作り、緊密かつ気軽に相談や連絡を取り合っている。
病院、学校、教育委員会、児童相談所、フリースクールなどに世話になったが、身体を張ったNさんによって、Kは生きづらさと、退行という地獄から救い出してもらった。家族もまた救われた。
各自治体は、力量のある行動療法士を高待遇で雇い、発達障害者の「生きづらさ」の解消に力を入れてほしいと願っている。